上達加速システム「アクセル」誕生!!


あなたの上達が加速する!

 

Ft2c 秋山が考案した「上達をサポートするシステム」をお届けします!
新しいことを学習する中で必ず壁となる「練習時間の少なさ」をなんとかできないか。
社会人のように練習をたくさんできなくても、上達させる方法があれば、と思い企画し考案。

「脳の学習」

という目線からたどり着いた答え、それが

「上達加速システム アクセル」

となります。

まずは、こちらの実験をみてください。

 

【ピアノ実験】

ピアノ未習得者が「きらきら星」のワンフレーズを1回見て聞く。
その後、1回も練習はしない。
上達加速システムを使う。
1週間後に実際にピアノを弾いてみる。

結果は

生まれて1回も弾いたことのない「きらきら星」
当然、ピアノを習っていたこともなく。
まったくのド素人が、1週間前に見ただけでこの結果をだせる。

 

【学習のメカニズム】

学習とは「脳への刺激」である。
オンコートで練習するのも「脳への刺激」であり、刺激することで「行いたいことをできるような脳にしていく」ことが練習の目的である。

実は「脳への刺激」は
オンコートだけでなく、オフコートでも可能!

 

【オフコートでの脳への刺激】

イメージトレーニング

 

【イメージトレーニングの効果】

近年での研究結果で「効果あり」という報告が多数されている。 「イメージトレーニングの重要性」はしきりに言われている。
運動を実際に行ったときとイメージしたときの脳の活動は似ている。(イメージは微弱)
現実と違い、イメージは「成功」だけを繰り返すことができる。

<近年のイメージトレーニング効果報告>

・ゴルフ 未経験者に朝10分夜10分、プロスイングを見せイメージさせるトレーニングを3週間継続。
はじめてコースに出たら「ハーフをパーでまわる」といったすばらしい結果が出た。

・バスケ フリースローをする前に「お手本動画」を見せる群と見せない群で比較。見せたほうが入る確率が15%高かった

・医療  骨折固定患者に「筋肉を使うイメージ」をする群としない群で比較。イメージをした方が筋力の下がる率が少なかった。

具体的方法、動画の利用は有料会員のみとなります。

 

具体的方法はこちら